世継ぎ探しのあきないバトン -0円起業を応援!-

シモンズの外観

カレーパン専門店『シモンズ』

神奈川県藤沢市辻堂

創業:2002年

カレーパン専門店『シモンズ』

カレーパン専門店『シモンズ』

神奈川県藤沢市辻堂

創業:2002年

夫婦で15年、地元では人に愛されてきたカレーパン専門店の後継ぎ募集!

こんなお店です!

神奈川県藤沢市の辻堂駅から2、3分の所にある、カレーパン専門店『シモンズ』が、継ぎ手を募集します。ご夫婦ふたりで切り盛りしてきたお店ですが、ご年齢などの理由から「次の世代に引き継ごう」と機会をくださいました。

お店では常時10種類以上のカレーパンを販売。対面販売のスタイルで、リクエストがあれば、注文を受けてから熱々のカレーパンを揚げることもできます。

一番の名物は『湘南シラスカレーパン』。藤沢観光名産品にも認定されています。カレーパン専門店やシラスといった個性から、メディアで取り上げられるケースが多いのも特徴です。食べログの評価では3.5以上のハイスコアをマークしています。(2017年10月時点)

シモンズの外観

シモンズの外観

家族的であたたかく

オーナーご夫婦がお店を開いてから15年が経ちます。
実は、お二人は再婚同士。「二人で一緒にいられる時間を長くしたかった」との想いから、一緒に働ける店舗運営を選びました。
その後も「二人でやれることだけをやろう」というスタンスを貫き、あまり手を広げないようにしてきました。お金ではなく、ハートを大切にされてきたお二人です。

「揚げたてを持っていくから、車の中で待っていてね」と、接客担当の奥さまはお客さんとやり取りをしていました。また、旦那さんが雨の中でのぼりを立てている姿を見た青年が、「オジサンを応援したくて買いに来たよ(笑)」とも。
あたたかいコミュニケーションがここにはまだ残っています。

制限の中でも工夫しながらパンを作るのが好きだという旦那さんは「やっぱり、目の前で美味しいって言ってもらえたときがうれしい」と仕事上の喜びを語ってくださいました。

家族的であたたかく 家族的であたたかく

案件の注目点!!

今回の事業のポイントを整理してみましょう。
まず、知名度や商品の美味しさは既述のとおりです。引きの強い定番商品を持っているのはいいですね。

個人的に一番注目しているのは「誰でもすぐにお店ができる」点です。
旦那さんによる生地や工法の工夫により、素人でも短期間でパンを作れるようになれるそうです。
何年もの修行を必要とする通常のパン屋さんとは異なります。
また、最低限必要な設備投資も、通常のパン屋さんの10分の1ぐらいで済むとのこと。

承継後の商売については「自由にやってください」と言っていただいています。また、要望があれば、承継後もできるきる限りの協力をしていただけそうです。
しがらみが多くなりがちな事業承継において、自由にやらせてもらえるのは本当にありがたいところです。

2002年開業時の二人

2002年開業時の二人

どんな将来展開を!?

正直を言えば、昔に比べてお店の売り上げは下がっています。
もともと二人でできる範囲に規模をとどめ、お金を追いかけない姿勢でした。
近年となっては、多方面から持ち込まれるチャンスに対し、お二人の体力や年齢を考慮して諦めることが多々あったそうです。後継者がいないお二人なので、積極的な投資もしづらかったはず。
また、店舗の前の道は大きく環境が変わり、人通りや店の数はかつてより減っています。

お店を引き継げば何もしないでボロ儲けできるというわけではありません。
しかし、これから事業を引き継いで商売をやろうという方はならば、今を基準に考えるべきではないでしょう。「この事業を使って将来どんな展開をするか」という発想が大切です。

今回のケースならば、こんな展開が考えられるのではないでしょうか。事業の特製を活かした可能性が見えてきます。
たとえば・・・

  • ✔️ クラウドファンディングで費用を集めて人通りの多い場所へ移転
  • ✔️ FC本部となって全国へチェーン展開をする
  • ✔️ ネットでの販売に力を入れる
  • ✔️ 湘南の定番お土産として流通させる
  • ✔️ 移動販売もはじめる・・・

なお、すぐに大きな変化を起こさなければいけないというわけではありません。
今のスタイルで様子を見ながら作戦を練るのも一手でしょう。
幸い最寄り駅の利用者数は増えていているので、あえて動かないという戦略もありかもしれません。

どんな将来展開を!? どんな将来展開を!?

流れとスケジュール

① 申込(受付期間2018年2月末まで)
事業の引継ぎを希望される方は、下記の内容を編集部までお送りください。
「自己紹介」
「応募の動機」
「連絡先」

② コーディネーターとの面談
お会いするか、Skype等を利用して、コーディネーターより事業の様子をご説明いたします。また、承継についての希望をお聞きし、今後の進め方を提案します。

※面談は、他の応募者の進捗状況等により、コーディネーターがお断りする場合があります

③ 正式エントリー
本事業の引継ぎにつき前向きに話を進めていきたい場合は、正式にお申込みいただきます。正式エントリーには、税込16,200円がかかります。

④ 事業引継ぎプランの作成
「こんな風に事業をやりたい」「将来的にはこんな展開をしたい」というプランを作成し、オーナーに提案いただきます。資金計画などについてもコーディネーターがサポートをしますので、はじめてでも大丈夫です。希望者はお店の仕事を体験することも可能です。

※給料や交通費は出せません

⑤ 後継ぎ決定!
作成いただいたプランの提出やオーナーとの折衝をふまえ、双方の合意により後継ぎが決定します。

承継の条件

事業を引き継ぐにあたっての現段階の条件は次のとおりです。細かい点は、承継決定後、詰めていきましょう。

  • (1)現在の店舗や金融機関からの借入を会社ごと引き継いでいただきます
  • (2)会社を譲渡する対価の最低希望額は金100万円です
  • (3)オリジナルを作ったオーナーの想いを大切にしてください

※(2)は、オーナーへの謝礼や契約手続き等に関する費用なります。資金調達や支払い方(例えば分割払いなど)についても、コーディネーターが相談に乗ります

注意点

  • ➢ 応募期間内であっても、後継ぎが決定次第、このプロジェクトは終了いたします。エントリーをお考えの方は、早めのアクションをお願いします。
  • ➢ 応募はグループや法人でもできます。ただし、その場合でも代表者(責任者)1名を決めてください。
  • ➢ 今回は事業プランづくりの上手さを競うものではありません。はじめての方でも、プランが作れるようにサポートいたします。資金面の問題がある方でも解決方法はあります。一緒に手を考えましょう。
  • ➢ 後継ぎ決定後の承継時期や引継ぎ方法は、ご本人の都合を加味しながら調整します。
  • ➢ 店では通常どおり営業をしています。ご商売の迷惑になるようなことは厳禁です。
注意点

最後に

今回のお話は、継ぐ方の感性やヤル気によっていろんな展開ができそうです。
お店を運営する仕組みが出来上がっていて、設備もすでにある。さらにお店には、強い名物や個性もある。こんな価値を引き継がせてもらえるなんて、相当おいしい機会ではないでしょうか。

お二人が築いたものを活かしてどんな未来を実現するか。ワクワクしながらイメージを描いてください。

オーナーのご夫婦は、お店を継いだ方に活躍していただき「あの店、最初に私たちがはじめたのって自慢したい(笑)」と、夢を語っていました。

店に詰まった二人の想いを受け継いでくださる方をお待ちしています。

あなたの熱意あるチャレンジ!お待ちしています! エントリーはこちら

コーディネーターのご紹介

奥村聡(司法書士)

本件のコーディネーターは、事業承継デザイナーの奥村聡(司法書士)が担当いたします。
プロフィール等はリンク先のページをご覧ください。
http://www.office-okumura.jp/profile

本件に関するお問合せは、リンク先の問合せフォームをご利用ください。
http://www.office-okumura.jp/contact-2

夫婦で15年、地元の人に愛されてきたカレーパン専門店の後継ぎ募集!

©︎あきないバトン
pagetop